更年期ニキビとターンオーバー

更年期ニキビには、ホルモンバランス以外にも重要な要素があります。それがターンオーバーです。 まず、更年期ニキビができる主な原因といわれているホルモンバランスの崩れが起こり、女性ホルモンが減少して男性ホルモンが多い状態になります。


この男性ホルモンは、皮脂の分泌を盛んにするという働きがあると言われていますので、ニキビの原因となってしまう皮脂が多量に分泌されてしまいます。 このためにニキビができてしまうのですが、皮脂の分泌量ということで言えば思春期ニキビでも同じことが言えますよね。


しかし、更年期と思春期では大きく異なる点があります。それが代謝です。 思春期は代謝の良さがありますから、にきびができやすい状態でもそれほど悪化しないことも多いですし、治りも早い傾向にあります。


しかし、更年期になると代謝が落ちてしまうためにターンオーバーがうまくいかなくなり、なかなかニキビが治らないという問題も出てくるのです。 肌の角質は古いものからターンオーバーで剥がれていきどんどん新しいものへと生まれ変わりますが、代謝が衰えてターンオーバーに遅れが出てくるとどんどん角質がたまり毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。


ホルモンバランスの崩れで皮脂量が増加するということももちろん大きな原因なのですが、ターンオーバーが遅れて角質がはがれにくくなったことで毛穴が詰まりやすくなることでニキビができやすくなり、さらにニキビの治りも遅くなるということです。 つまり、更年期のニキビにはターンオーバーも密接に関わっているといえます。