10代、20代、30代の間にできたニキビとの違い

更年期ニキビは大人ニキビと同じように捉えられてしまうこともありますが、実は年代によってニキビの性質が違っており、きちんと年齢に合った対策をとらなければなりません。


10代の思春期の頃にできるニキビが一番一般的であり、市販されているニキビ用スキンケアもこの年代を基準としているものが多いですが、実際には一番深刻化しにくく一時的なものである場合が多いのが10代のニキビです。


もちろん、ニキビを気にする年頃ですからとても気になって深く悩んでしまう人も多いですが、ある程度落ち着いてくるときれいに治ってしまうことが多く、10代のニキビは比較的な折が早いと言われています。


そして大人ニキビと言われる20代や30代のニキビもありますが、これも更年期のニキビと似た理由で、ホルモンバランスが影響していると言われています。ストレスや栄養の偏り、生活習慣などによってホルモンバランスが崩れがちになりにきびが出来やすい状態になるのです。しかし、この20代や30代のニキビというのもやはり比較的治りやすく、深刻化してしまったり何度も繰り返してしまう例もありますが正常にターンオーバーが行われていれば生活習慣やスキンケアなどに注意することで治りやすくなります。


これらと違って少々厄介なのが更年期のニキビです。つい、まだ大丈夫という気持ちから20代、30代の頃と同じスキンケアを続けている方も多いかもしれませんが、実は更年期にはホルモンバランスだけではなくターンオーバーの衰えなどの要因もあり、ニキビがより長引いたり重症化しやすいという特徴があるのです。


更年期にはまずスキンケアを見直し、以前と同じお手入れ方法で良いのかをきちんと考え、今の自分に足りないものを補うようなスキンケアを心がけましょう。