女性ホルモンを増やせば更年期ニキビは予防できる?

更年期ニキビはホルモンバランスの影響を受けてできやすくなるものですが、これを予防する方法として注目されているのが女性ホルモンです。


もともと、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減ることで男性ホルモンのほうに傾いてしまい、皮脂の分泌量を増やしてしまう男性ホルモンの影響を受けてニキビができるという仕組みでしたから、女性ホルモンを増やせば更年期ニキビの予防になるのでは、と考える方も多いのではないかとおもいます。これは間違いではなく、更年期という女性ホルモンが減少する時期に意識して女性ホルモンを増やすということは、更年期ニキビの効果的な予防方法となるのです。


実際に、このような男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが原因となってニキビができやすくなってしまっている方は、低用量ピルなどで男性ホルモンを抑えて女性ホルモンの分泌を安定させることでニキビを予防、改善するという方法がとられていますし、更年期症状がつらいという方のために低用量ピルが処方されることがあります。


このように、更年期のニキビの原因となるホルモンのバランスの崩れを整えるという目的で女性ホルモンを増やして対策すると言うことはとても効果的であるとされており、スキンケアや生活習慣の見直し、改善などとともによくとられる方法です。


多くの女性たちが更年期に悩む年齢になると行き着く問題ともいえますので、その対処法の一つとして女性ホルモンを増やすということも覚えておきましょう。