更年期障害、ホルモンバランスと更年期ニキビの関係

50歳前後、つまり更年期になってくるとホルモンバランスが崩れがちになり、アダルトニキビができやすい状態になってしまいます。 大人ニキビというのは20代や30代に多いですが、更年期ニキビといわれている45歳ごろからのニキビでお悩みの方も実はかなり多いのです。このほとんどがホルモンバランスの崩れによって引き起こされています。


45歳以降というと更年期障害の時期ですが、更年期というのはさまざまな体の不調を引き起こすということでも知られていますよね。 卵巣から分泌されていた女性ホルモンであるエストロゲンの量がその時期から突然低下してしまうというのが更年期で、この時期を迎えるとのぼせや汗の量の増加など、体の調子が不安定になります。エストロゲンが減るということは単純なことではなく、体全体のホルモンのバランスに関わっています。こうしてバランスが崩れてしまうことで、体調の崩れだけではなく更年期ニキビができてしまうということが起こるわけです。 具体的には、ホルモンのバランスが崩れてしまうと次第に血行や皮脂の分泌などお肌に関わる部分にも異常が出てきます。


このように、更年期障害によってホルモンバランスが崩れ、更年期にきびの原因となってしまうという切っても切れない関係性がありますので、年齢にあったスキンケアや生活習慣の見直しなど、大変かもしれませんが必要になってくるわけです。 更年期はニキビ以外にもいろいろな悩みが出てくるものですが、お肌のケアも怠らずにニキビ対策を行っていきたいものですね。
40代以上の女性、更年期ニキビの対策におすすめのスキンケアはこちら
肌の乾燥でニキビができることについてはこちら

最新記事

  • ニキビは思春期にできるものというイメージがありますが、更年期になってからのニキビで悩まされている方も多いようです。 この更年期のニキビという …

    ニキビができる原因

  • 更年期ニキビには、ホルモンバランス以外にも重要な要素があります。それがターンオーバーです。 まず、更年期ニキビができる主な原因といわれている …

    更年期ニキビとターンオーバー

  • 更年期ニキビはホルモンバランスの影響を受けてできやすくなるものですが、これを予防する方法として注目されているのが女性ホルモンです。 もともと、 …

    女性ホルモンと更年期ニキビ